フリーランス、副業で手取りを最大化させる方法/青色申告

tax-freelance 経理/確定申告
<br>

本業で上場企業の経理責任者、副業で数社の経理財務サポートをやっている、「いまえ」です。20年以上「お金に関する提案と管理」をやってきて結果をだしています。

副業やフリーランスで稼いだら、税金や経理ってどうすればいいんだろう? 全部、税理士さんにお任せすべきなのかな? まず何をやっておけばいいのだろう?

こういった疑問にお答えします。

フリーランス、副業で手取りを最大化させる方法/青色申告

結論:「開業届」と同時に「青色申告」を申請しておく。

手取りを最大化するには、「売上-経費=利益」を最大化することに加え、利益にかかる税金を減らすことです。フリーランスや副業サラリーマンにとって一番の節税対策は「青色申告」にすることです。

「開業届」と同時に「青色申告承認申請書」を提出しておきます。

青色申告って何?

フリーランスや副業サラリーマンが確定申告する方法です。「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。申告書の様式、記帳の仕方、必要な帳簿などが異なります。白色申告は簡単な記帳でOK。青色申告は複式簿記という方法で記帳します。(会社の経理がやってる方法)

で、この青色申告に見逃せない3つの大きな特典があります。それを利用します。

青色申告の3つの大きな特典

  • 65万円の青色申告特別控除が受けられる。
  • 30万円未満の資産を一括で経費にできる。
  • 赤字を3年間繰り越して、翌年以降の黒字と相殺できる。
    (このほかにもメリットは色々あります。)
65万円の青色申告特別控除が受けられる。

これは帳簿をきちんとつけることで利益を65万円少なくできる特典です。売上経費が同じでも青色申告なら65万円が控除されるので利益が減って税金が安くなります。

30万円未満の資産を一括で経費にできる。

30万円未満の資産(パソコンや機材)ならその年に全部を経費処理できます。白色申告では10万円以上の場合、全部をその年の経費にできません。(減価償却といって数年に分けて処理することになります。)

赤字を3年間繰り越して、翌年以降の黒字と相殺できる。

赤字ということは利益がゼロなので納税額もゼロです。だけど確定申告をしておきます。なぜなら、翌年黒字になった場合、前年の赤字分を利益から差し引けるからです。すばらしい。

提案:開業freee で無料で簡単に「開業届」「青色申告」を作成する。

青色申告承認申請書と開業届は、国税庁のホームページからダウンロードできます。が、
ハッキリ言って、どこに何を書けばいいか分かりません。

そこで私がみんなにオススメしているのが、
開業freee で無料で簡単に「開業届」「青色申告」を作成する方法です。

開業freeeをオススメする3つの理由

  • 個人事業の開業届と青色申告承認申請書を簡単・無料・最速で作成できる
  • 税額シミュレーションでおすすめの申告方法を提案してくれる
  • 書類作成から提出まで一気通貫でサポートしてくれる

簡単な質問に答えるだけで、すぐに必要な書類を自動で作成できます。しかも費用は無料。
さらに青色申告の承認申請書も作成できるので、確定申告の際には65万円の控除をうけられ、しっかり節税ができます。

登録画面はこんな感じ

簡単、無料、登録後はいろいろ情報もらえて勉強になります。

質問画面はこんな感じ

以下のような質問に答えるだけで、「開業届」「青色申告承認申請書」を作成してくれます。

税額シミュレーションはこんな感じ

月収10万円の場合に設定してみました。ね、節税になるでしょ。

結論: 開業freeeで「開業届」と同時に「青色申告」を申請しておく。

開業freee で簡単に無料で「開業届」と同時に「青色申告」の申請をしておいてください。
フリーランス、副業で手取りを最大化させる方法の基本です。

今後、フリーランス、副業の経理や確定申告について発信していきますね。

タイトルとURLをコピーしました